中川ゆう子

中川ゆう子岐阜県議|日本共産党

12月議会、閉会日(17日)の討論です。

2020年12月20日 10:30 am
カテゴリ: 活動報告

136号 令和2年度岐阜県一般会計補正予算中 款 衛生費 目 医療対策整備費 医療機能の分化・連携に必要な病床削減支援 7250万4000円。

これは一般病床や療養病床を有する医療機関が、病床数の削減を行う場合にその削減病床に応じて支給する給付金。

稼働病床の1割以上の削減が対象であり、3病院分を想定した予算計上 、県内すべての医療機関に照会をかけるものです。岐阜県においても新型コロナ感染者の受け入れ病床は日に日に逼過しているのは報道の通りです。さらに感染対策用に病床を確保することにより、通常の入院治療の病床が不足し、手術日程や救急の受け入れ、他の必要な治療にも影響が出ることは第I波の時から経験している事です。世界的なパンデミックの最中で、岐阜県の感染状況もどうなるか見通しがつかない中、医療崩壊のリスクを高めるような病床削減を今進めることは許されることではなく、県民にはなにもメリットはありません。今は最前線で奮闘されているどの医療機関も分け隔てなく、減収補填や手厚い支援を行うことが最も必要です。以上の理由から、この予算には反対します。

議第109号 徳山ダム上流域公有地化特別会計歳入歳出決算

そもそも旧徳山村村民は公有地化ではなく、ダムが建設されても自身の所有地に立ち入ることが保障される取り付け道路が本来の要求でした。公有地化専業が順調に進まない根本的な要因はこうした過去の経緯もあり、賛成することはできません。

県民の皆さんに困難をもたらすものです。皆さんと共に考えていきます。

Pocket

↑ページトップへ行く