中川ゆう子

中川ゆう子岐阜県議|日本共産党

県議会派県の研修会に参加

2015年11月17日 2:16 am
カテゴリ: 活動報告

全国の地方議員との交流

横の連携、勉強になることも多いです

地方議会交流会

県議会から派遣されて参加してきた都道府県議会議員の交流大会は得るものが多かったです。たとえば、分科会でご報告された三重県議会では、決算(9月〜)・予算要求中(12月〜)・予算(2月〜)・成果評価(6月〜)のそれぞれのタイミングで審査がされるとのこと。地方自治法では、地方議会が出せる予算の修正案は、減額修正はできても増額修正はかなり限定的。しかしこの方法だと、議会としての政策提言を年間3度行うことになり、通常よりは政策を予算に反映させる力になっているようです。(あとは、少数意見をどう扱うかが課題だと仰ってました。)スケジュールはかなりタイトになりますが、メリットは大きいかも。いま岐阜県議会も議会改革検討委員会で決算や予算の審議をもっと深くできないか考えているところです。地方議会はそれぞれ特徴があり良いものはどんどん吸収できる環境があります。得るものが多い研修でした。

地方議会交流会2

また、メインテーマは地方分権改革でした。地方自治体への権限移譲は、国の責任放棄と自治体任せという危険があります。その上で、地方自治体ごとに条例によって制度を拡充できるという事も忘れちゃいけない。ところでご講義いただいた小早川氏は、辺野古の基地建設をめぐって審査が始まっている国地方係争処理委員会のお方。会場から国と沖縄県との対立について質問が出されて、ちょっとお困りの様子でした。小早川さんに罪はないですが(苦笑)国は地方自治体の独立性のため地方分権をすすめるとの講義でしたが、沖縄県民や知事の声は力で封じ込めようとしています。本当に矛盾だらけの政治です。

Pocket

↑ページトップへ行く