中川ゆう子

中川ゆう子岐阜県議|日本共産党

旧総合庁舎周辺の景観をチェック

2016年1月16日 6:49 am
カテゴリ: 活動報告

一歩前進。でも・・・

更に踏み込んだ利活用策が必要

12471403_1731118043788670_1843080870186441065_o

本日は午前中に県・市の日本共産党会派議員団で旧県総合庁舎周辺の現在の景観などをチェックしました。庁舎機能の分散化をはじめとする、行政機関の在り方は中川ゆう子も市議時代から継続して取り組んできたテーマ。県議になり、最初の6月議会でも「県と市が共同した利活用のための協議を」と取り上げ、その後7月に新たに協議がスタートし、市の新庁舎と、総合庁舎の間隔を51m確保することを市が明言するなど、その景観保全に一定の配慮がなされたところです。しかし、現在は耐震補強が手つかずということもあり、県職員も内部への立ち入りはできない状況。さらに踏み込んで、利活用を模索していく必要があると思います。今後も県と市の議員団でも重要テーマの一つとして取り扱っていきます。(ス)

Pocket

↑ページトップへ行く