中川ゆう子

中川ゆう子岐阜県議|日本共産党

藤里町で社協の斬新な取り組みを学ぶ

2015年11月6日 6:47 am
カテゴリ: 活動報告

その角度、斬新

「藤里方式は止まらない」

藤里

3日目は秋田県藤里町へ。人口約3500人、高齢化率43%という藤里町。ここで展開されている社会福祉協議会のひきこもり支援について勉強しました。「生涯現役」をテーマに高齢者の積極的な社会参加とひきこもりを含む若者の力の発揮によって、地域社会を支えていく仕組みが出来つつあります。全ての事業の中心にある理念は「ひきこもりの人を特殊で不幸な弱者というふうに見ない」というもの。岐阜市でいえば芥見の大洞団地と同規模の人口である藤里町。顔が見える関係の中で、誰しもが抱えるごく普通の「不便」をひとつひとつ取り除くことによって、自分の力で自立や就職に繋がっています。中川ゆう子にとっては市議時代から取り組んできた思い入れの強い分野。スタッフ共々時間いっぱいまで積極的に意見交換しました。

 

Pocket

↑ページトップへ行く