中川ゆう子

中川ゆう子岐阜県議|日本共産党

高齢者施設への県や市町村の対応や体制を検証する必要について質問。12月10日、午前。

2021年12月13日 11:10 am
カテゴリ: 活動報告

高齢者施設への県や市町村の対応や体制を検証する必要について質問。12月10日、午前。

12月10日、午前に高齢者施設への県や市町村の対応や体制を検証する必要について質問をしました。質問と答弁の概要を掲載します。

【健康福祉部長 答弁】

県は、施設での虐待が疑われる情報提供等があった場合は、その具体性、信憑性等を勘案し、県が指定・認可権限を持つ施設に対し、事前通告なく監査又は実地調査を実施してまいりました。

その上でまず、高齢福祉課と県内8つの県事務所等とで定期的な担当者会議を開催するなど緊密な連携を図り、抜打ち検査などの実施について迅速な判断が図れる体制を構築しております。また、マンパワーについては、疑い事案の内容により、その都度、県事務所等に職員を投入して対応しており、今年度も実施をしております。

このように、限られた人員の中で工夫を凝らし、対応しているところでありますが、今後も、迅速かつ適切な対応に向け、必要に応じて体制を強化し、取り組んでまいります。

市町村の体制強化については、県においで、市町村担当職員の研修を実施するとともに、困難事例については県高齢者権利擁護センターによる相談対応や支援チームの派遣を引続き行ってまいります。

[再質問]

今後、国のメニューを使って取組みを強化していくのであれば、県民に透明性をもちながら、市町村や県の対応や体制について検証していただきたい。

【健康福祉部長 再質問答弁】

体制の検証について行っていくべきではないかということでございまして、先ほど申し上げましたとおり、新たに、国の補助制度も活用しまして、そういった取組みを進めていきたいというふうに考えております。

[再々質問]

施設の人所者を守るのは県。実際に立入検査を受けた職員の方が、愛知県と岐阜県で、あまりにも熱量が違ったということを言っている。取組みを強化するのなら、市町村や県の対応や体制について県民に透明性をもって検証していただきたい。・

【健康福祉部長 再々質問答弁】

虐待防止について再度ご質問いただきました。まず、県の熱量が違うのではないかというご指摘でございますけれども、寄せられた情報提供の内容を踏まえまして、時間に関わらず、事前通告もなしに、立地する市町村と合同で施設への立入調査を行うなど、事案の状況によりまして、県として必要な対応については行っているというふうに考えております。

そのうえで、これまでの取組みについての検証をということでございますけれども、ご指摘も踏まえまして、国の予算の活用も考えながら、どのような形で実施できるかも含めて検討をさせていただきたいと思います。

 

Pocket

↑ページトップへ行く