中川ゆう子

中川ゆう子岐阜県議|日本共産党

中川ゆう子日本共産党県議会ニュース。2022年2月,No47。(Web版)

2022年2月10日 9:00 am
カテゴリ: 活動報告

中川ゆう子日本共産党県議会ニュース。2022年2月,No47。(Web版) 1/2。

東濃実業高校の特別授業に参加 。普段の議員活動を紹介したり、道州制とコロナ対策をテーマに、生徒の皆さんと一緒にデイベート(討論会)しました。デイベートでは、「誰一人取り残さない」コロナ対策には何が必要か 、試験勉強やオンライン授業に苦労した生の声をもヒに交流。さらに、消費税のあり方や高齢者でも暮らしやすい地域づくりなど将来の社会の在り方まで話が及びました。この特別授業には国枝議員(自民)、野村議員(国民)とともに招かれました。行政の役割や一斉休校についての新鮮な考えに触れることができました 。


無料検査が実現 いつでもどこでも誰でも

Q1 中川:自費でのPCR検査に数万円かかり、なかなか進んでいない。変異株はワクチンを接種しても感染が報告されている 。ワクチン接種にかかわらず、無償で検査を行えるようにすべきではないか。

A1 感染拡大時での希望する方、全てが無料検査の対象に拡大できる。身近な薬局等における検査休制の確保など、「ワクチン E検査パツケージ」の体制整備に注力していく。

Q2 感染拡大の傾向が見られたタイミングで良いのか。これまでも感染拡大の傾向が見られたときはすでに、感染拡大が止まらない状況でした。

A2 感染が落ち着いている時点での検査では感染率が低いことが想定される。まずは国の制度に基づいて準備する。

[提案しています]

・福祉施設での検査を。

・だれもが無料で検査できる場所を増やす。

・自宅療養者ゼロを維持し、医療につなげる。

・病床削減ではなく、医療体制充実への支援を

リニア新幹線トンネル死傷事故

                     「工事の中断と検証をJRへ強く要請」(知事)

「なによりも工事現場、地域住民の人命と安全が第一であり、安全性が担保できない以上、工事は中止すべきだと考える。まだ検証結果の報告もないうちにスケジュール通りという言葉に違和感がある」と県の姿勢をただしました。

県議会の議論を受け、環境影響評価審査会が始まる。

JR東海の報告書をもとに、県は環境影響評価審査会地盤委員会で県独自の検証を進めています。


「環境評価審査会地盤委員会」

生活・営業を圧迫する石油価格高騰へ対策を。

灯油購入補助である福祉灯油制度は県内2市の実施予定で、さらに複数の市町村が検討中。取り組みの促進をと質問しました。

「機動的な支援を検討するよう、市町村に対して働きかけた」との答弁にとどまり、県独自の支援は見えませんでした。

 

<他県では>

・愛知県では県内の影響調査を実施。県内事業者、農業、漁業者、交通事業者、社会福祉施設、私立学校向けに県独自の「原油・原材料価格高騰対策」を幅ひろく実施。

・鳥取県などでは市町村の灯油購入補助制度の助成

「連絡調整会議、設置される」

知事は「部局横断的な連絡会議を設置したい」と答弁。

更に「国の特別交付税は、福祉灯油だけでなく、社会福祉施設の暖房費の助成、福祉施設への助成なども活用できる。連絡調整会議で、市町村に働きかけるだけでなく県としても活用できる方針も盛り込むように」と求めました。

Pocket

↑ページトップへ行く